Speakers

①上田 隼也 氏

②田中 美咲 氏

③荘子 万能 氏

④ふみんちゅ 氏(板持 文子氏)

⑤Benjamin McCracken 氏

Speakerのご紹介

①上田 隼也 氏

熊本県益城町出身。熊本高校卒業後、立命館大学生命科学部に進学。

日本初の学生主催によるSDGs 体験型イベント「Sustainable Week」の立ち上げ中心メンバー。現在立命館大学EDGE+R プログラム学生アシスタントとして従事しながら、イノベーション教育を行っている。

立命館大学Sustainable Week 実行委員会 ファウンダー・アドバイザー。


②田中 美咲 氏

1988年奈良生まれ。立命館大学卒業後、サイバーエージェントに入社。東日本大震災をきっかけとして「防災があたりまえの世の中にする」ことをビジョンに一般社団法人防災ガールを創設。設立6年で累計80社以上のパートナーと連携し事業展開、国際的PRアワードにて環境・イノベーション部門で最優秀賞受賞。2017年7月より滋賀県長浜市にて、様々な課題を感動や共感を通して伝えるmorning after cutting my hair.inc創業、代表取締役兼任。2018年第32回 人間力大賞経済大臣奨励賞受賞。世界のメディアが選ぶ女性社会起業家世界一受賞。


③荘子 万能 氏
1992年京都府生まれ。医師。医療を通じて人が自らの人生を主体的に選択する支援を志している。医学生時代から、複数の医療ベンチャーや社団法人を立ち上げ、アプリ・ソフトウェア・機械学習を用いた診断支援ツールなどの開発、クラウドファンディング事業運営、医療者向け教科書作成、医療情報啓発事業に携わる。2016年から医師向けポッドキャストを開設し、500人強に購読されている。愛知医科大学学際的痛みセンター研究員。

④ふみんちゅ 氏(板持 文子氏)

2010年、滋賀県高島市の荒地を開拓開墾し、先輩方から家づくりや生きる知恵を学びつつ、間伐材で母屋を建て、バイオトイレ、薪風呂、太陽熱温水器、太陽光発電(自家バッテリー)、雨水タンクで電気、ガス、水道がとまっても生きていける暮らしをつくる。

自然農法でお米、野菜を作りながら土と向き合い、本来の『食』『農』『暮らし』『大和魂』を取り戻すため『沖縄三線』 で人と自然のつながり、大地への感謝を唄い、笑顔と希望あふれる 『筆文字』でメッセー字を発信!2017年、3棟目の家ができ、循環型の暮らしが体験できるセルフビルドの宿「志我の里」Open。

2019年、田舎と都会の繋ぎ人として実家のある大阪にも拠点をつくり、

様々な価値観、優先順位を元に戻そうと、様々な場所で沖縄三線と筆文字を組合わせて講演活動をしている。


⑤Benjamin McCracken 氏

アメリカミシガン州出身。

ノーザンミシガン大学在学中に彦根のミシガン州立大学連合日本センターに留学して日本文化を学ぶ。その後、デトロイトマーシー大学法科大学院を卒業し、弁護士として最高裁判所、法律事務所に勤務。日本企業に関わる国際訴訟を歴任。

現在は、母校であるミシガン州立大学連合日本センターの所長として、ミシガン州から来る学生に日本の文化や社会を教えている。